スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.03.02(金)

京都・鶴屋吉信「右近左近」

ukonsakon1
"雛祭にどうぞ~"と頂きものです。
鶴屋吉信さんの「右近左近」というお菓子
雛段に飾られる右近の橘、左近の桜に因んだもので
箱にはかわいいお雛様の絵柄の掛け紙がかけられています。
中身はお雛様の焼印がかわいいほんのりと甘いふわふわの麩焼き菓子
ひなあられとは違った趣のはんなりした感じです。
ukonsakon2

〈鶴屋吉信〉焼菓子詰合せYT
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
│posted at 10:29:30│
2012.02.26(日)

京都土産・船屋秋月「北野梅林」

kitanobairin3
北野天満宮では「梅花祭」が行われましたが、今年は例年に比べ少し開花が遅れているようです。
一の鳥居前にお店を構える「船屋秋月」さんは国産材料のみを使用し保存料は一切使わず
四季の素材を生かした京菓子作りをされています。
中でも「北野梅林」は第21回全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞 
京都ブランド認定商品にも認定されている看板商品!
kitanobairin2
招福息災を願う「大福梅」に因んだお菓子で丸い梅の実の様な形をしています。
梅の味を思わせるような甘酸っぱい餡の中に白餡が入りまわりにはほんのりお砂糖がかかっています。
薄紅色がかわいくはんなりした感じが京都らしい和菓子です。
食べてみると酸味の利いた餡が珍しく、かなり甘いお菓子ですが濃いお茶に良く合います♪
15個入り735円で日保ちは7日間程、HPより通販可
北野店の他には京都駅1階のキューブ「京みやげ」売り場、B1「匠味」にて購入できます。
京都の名産品を探す「まち楽」京都

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
│posted at 09:59:51│
2012.02.21(火)

京都・名月堂「にっき餅」

meigetudou1
祇園宮川町の京菓子処名月堂さんの「ニッキ餅」
松下幸之助さんの大好物でもあったそうで、お付きの方が度々買いに来られたとか・・・
一見和菓子の様な?マシュマロの様な?そしてお餅のような?不思議な味わいで
ふわふわとした食感とニッキの香りが美味しく、口の中に入れるとスーッと溶けていく感じが
ちょっとクセになりそうなお菓子です。
meigetudou2
1個110円とお値段もお手頃!
その日のうちに食べるのがベストですが一度に買って冷凍しても大丈夫!
解凍後もふわふわの食感はそのまま味わえます。
meigetudou3
夕方行くとたまに舞子ちゃんが歩いていたりする宮川町
風情ある石畳の中にお店があります。
meigetudou4
冬~春は梅の花が描かれた見た目もかわいい「セッペイ餅」もお勧め!

因みに松下幸之助が書いた著書は数多くありますが
中でも一番売れているのは「道をひらく」らしいです。
発刊以来、累計400万部を超えるロングセラーだとか
【送料無料】道をひらく

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
│posted at 21:28:51│
2012.02.04(土)

京都土産・俵屋吉冨「立春大吉」

rissixyunndikiti6
『節分大吉』という縁起のいいネーミング「俵屋吉富」さんの創作干菓子
月ごとの行事や季節のモチーフなど時期ごとに内容が変わります。
『お多福』の麩焼き煎餅に和三盆でできた打物の『鬼』に干琥珀『ひいらぎ』
金平糖も入っていて見た目もかわいい♪1箱630円なので
ちょいプレゼントにも季節感があって良いですね。
rissixyunndaikiti1
かわいい豆形の「福豆」は白餡入桃山製焼菓子
パッケージもユニークで裏表でお多福と鬼の図柄になっています。
1個入(158円)からあるので1人ずつ配りたい人に便利かも
京都駅キューブや近鉄名店街「みやこみち」のお土産売り場などでも
この商品はよく出ているようで1人で沢山買っていく人を時々見かけます。
日保ちも約20日間と長めなところも良いのかも。
rissixyunndaikiti4
因みに禅寺などでは厄除けのため立春の早朝”立春大吉”と書かれた紙を貼る風習があります。
縦書きすると文字が左右対称になり一年間災難にあわないというおまじないらしいです。

【送料無料】京都とっても上等な和菓子
│posted at 23:02:55│
2011.12.04(日)

京都・双鳩堂「鳩もち」&「栗もち、黒豆もち、亥の子もち」

sou2
詩仙堂さんの参道に茶店を構える「双鳩堂」さんですが
本店は叡山電鉄修学院駅から程近い所にあります。
出町柳方面から行くと駅を降りて左(西)方向に少し歩くと
北山通りに面した所に大きな看板がかかっています。
sou4
このお店の看板商品は「鳩もち」や「でっち羊羹」などですが
秋限定の「くりもち」や「亥の子もち」なども美味しいです。
(普通の亥の子もちと違い中に刻み栗が入っています)
黒豆の入りの「黒豆もち」(左から2番目)もあり、とにかくお餅物が充実!
sou6
どれもお勧めですが、少し面白いところでは「黒糖わらびもち」というのがあり(一番左)
中にくるみの入った珍しいわらび餅で美味しいです。
「くりもち」も丸ごとの栗がホクホクで美味しかったです~また買いに行きたい♪

修学院駅近くの老舗旅館山ばな平八茶屋
冬は「鴨鍋」や「ぼたん鍋」も楽しめ名物の「麦とろろ汁」プランもあります。
│posted at 17:17:02│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。