スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.09.17(土)

京都・鍵善良房「おひもさん」

ohimosan4
芋続きですが・・・秋ということで京都の芋菓子も載せてみます。
京の”焼き芋”は輪切りにした芋を大きな鉄鍋の上にのせ
蓋をして蒸し焼きしたもので「おいもさん」と呼んでいます。
そんなおいもさんをイメージした和菓子が「鍵善良房」さんの『おひもさん』
(旧カナ使いが京都らしくて良いですね)
秋口から春頃までに限定販売される人気のお菓子。
ohimosan2
箱にはのしがかけられ丁寧に包装され
開けると更に1つ1つ和紙にくるまれています。
ohimosan
”和製スイートポテト”と表現されていますが
一口食べるとほっくりとした皮の中に品の良いさつまいも餡
甘さを押さえた自然な甘みがいかにもお芋の感じ
皮の部分にもほんのりとした苦味の様なものがあり焼き芋の皮を想像させます。
ほのかに香る肉桂と黒胡麻が利いていています。
ohimosan3
1つ食べるともう1つ食べたくなる美味しさ(1個でも結構ボリュームはあり!)
他店舗での販売は無いので京都のお土産にお勧め!お日持ちは5日間
6個箱入960円、12個竹籠入り2400円~20個箱入り3350円まで
ohimosan1
お店は賑やかな祇園四条の通りに面した所、花見小路に入る反対側
店内では人気の「くずきり」も食べられます。
│posted at 16:01:56│ コメント 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。