スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.09.18(日)

京都・二条若狭屋「家喜芋」

家喜芋
いつの間にやら芋特集になっちゃいましたが、京都の代表的な芋系のお菓子
二条若狭屋さんの看板商品「家喜芋」、これで”やきいも”と読みます。
丹波産の山芋(つくねいも)を使った薯蕷饅頭、見た目は京の焼き芋風ですが
味はしっかりとした山芋風味の皮でしっとりとした食感です。
中の餡はこし餡、つぶあん、白餡と3種類あり甘さは控えめ
とりまぜて箱や籠入り等で販売しています。
箱は3個入651円~10個入2100円
籠入は竹籠に入ってふきんが掛けられていてお土産にも楽しいです。
5個入1680円~20個入5250円まで
本店さんの他に河原町大丸やその他市内デパートでも販売
新幹線コンコースASTYでも購入可!
秋のお菓子のカテゴリに入れましたが通年販売しています。

京都 とっても上等な和菓子京都和菓子手帖 (act books)
スポンサーサイト
│posted at 11:16:03│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。