スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.08.27(土)

京都・上羽絵惣「胡粉ネイル」

kofunneil
日本で最古の絵具屋さんとも言われる日本画絵具専門店「上羽絵惣」さん
創業は宝暦元年(1751年)、260年続く京都の老舗店
そんな絵惣さんが手がけた人気商品「胡粉ネイル」は
”胡粉”(こふん)というホタテの貝殻を砕いた白絵具を使ったもので
普通のネイルとは全く違うタイプのマニキュア
有機溶剤を使用せず無臭で刺激が無く、落とす時も除光液がいりません!
貝殻に含まれるミネラル成分は爪を保護してくれる役目もあるそうで
塗ってみるといかにも爪を優しくケアしている~感じがします。
写真は「水桃」という色ですがカラーバリエーションは豊富
サラサラとした液体で透明度が高いので何度も重ね塗りしていくうちに本来の色が出てきます。
水仕事にやや弱いのとアルコールで落とせるので
除菌用のウェットティッシュを使うと落ちてしまいますが・・・
何度塗っても爪に優しいのでファンデーション間隔で塗りなおせます。
個人的には爪を休ませたい時用のネイルとして使っています。
京都駅「スバコ」や高島屋京都店、祇園「くろちく倭美坐店」等で販売されています。
通販可↓

 
スポンサーサイト
│posted at 18:47:01│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。