スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.06.22(金)

京都土産・金谷正廣「京の香魚」

kousakana.jpg
一見、まるで本物の鮎の塩焼きの様に見える面白い和菓子
安政3年創業、『真盛豆』で有名な西陣の京菓子司「金谷正廣」さん
『京の香魚』という名前の季節菓子
kousakana4.jpg
回りは柔らかい落雁の様なものでできていて中には小倉餡が入っています。
外側にまぶしたお砂糖が塩焼きの塩に見え
焼き色といい、魚に竹串がさしてあるところといい、かなりリアル!
kousakana3.jpg
見た目と違い、食感は意外としっとりした繊細な味わい
寒梅粉という餅粉が使われているので少しもっちりとした感もします。
甘いお菓子ですが、濃いめに入れた冷たい緑茶に合い
京都らしい初夏の情緒があじわえる楽しい和菓子
kousakana5.jpg
京都駅地下キューブ「匠味」にて購入(1箱3個入630円・日持ち約2週間)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ 
スポンサーサイト
│posted at 16:20:43│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。