スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.05.31(木)

京都お取り寄せ・みずは北川「蕨餅」

mizuhakitagawa4.jpg
長岡京へ行って来た人からのお土産、「京みずは」さんの『わらび餅』を頂きました。
本わらび粉と和三盆を使った本格的な蕨餅は”みんなで選ぶおとりよせネット
ベストお取り寄せ大賞2011の和菓子・和スイーツ部門で金賞を受賞”しているそうで
お土産をくれた人も長岡京へ行った時は必ず買うとかです。
箱を開けるとこんな感じでお餅が並んでいます。
mizuhakitagawa1_20120530234719.jpg
やや大きめの三角形一口サイズでそのままでは少し大きいので
添えてある菓子楊枝で小さく切り分けて食べます。
周りにまぶしてある濃いめに煎り上げた深煎りきな粉が芳ばしい香り~
mizuhakitagawa2.jpg
本わらび粉を使用しているそうですが食感はトロリ系でもハード系でもなく
固すぎず柔らかすぎず瑞々しくプルプルとした程よい弾力が心地良く
西山の地下水を使っているので水の良さも感じられ、とにかく美味しい~!
和三盆をしようしているということで品の良い甘さも特徴です。
mizuhakitagawa3.jpg
店舗は長岡天神の近くにありますがお取り寄せに人気があるようで
雑誌やメディアなどにも取り上げられているみたいです。
抹茶味も気になる~♪楽天からもお取り寄せできます。

テレビ「ライオンのごきげんよう」で紹介されました和三盆入り本わらび餅【蕨餅】【京都の和菓...

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
スポンサーサイト
│posted at 11:17:32│
2012.05.26(土)

京都土産・水田玉雲堂「唐板」

karaita.jpg
唐菓子(からくだもの)の「唐板」というお菓子だけを500年以上作り続ける
文明9年(1477年)創業の「水田玉雲堂」さん
明治維新までは皇室の御用達だったようで、暖簾にも”御用所”の文字! 
karaita1.jpg
元々このお菓子は平安時代に盛んであった御霊信仰の
御霊会(ごりょうえ)の御神前にお供えしたのが始まりだそうで
応仁の乱の時に途絶えたそうですがこちらの御先祖さんが再興され
神社境内の茶屋で出したのが始まりだそうです。
karaita2.jpg
小麦粉と砂糖、鶏卵だけのシンプルな材料で作られるこのお菓子は
唐板というだけありどことなく唐の雰囲気もありますが
品の良い甘さとパリパリとした独特の歯応えがなんとも心地良く
1枚1枚丁寧に焼かれ受け継がれている歴史が伝わってきます。
karaita3.jpg
袋入りは680円、化粧箱入1470円等もあります。
場所は地下鉄鞍馬口駅から徒歩5分程、上御霊神社鳥居前
(京都の高島屋さんでも購入可)
3ヶ月位はお日持ちするのでお土産にも向いています。

│posted at 17:11:48│
2012.05.25(金)

京都土産・亀屋清永「清浄歓喜団」

清浄歓喜団
祇園は八坂神社の西楼門を出ると斜め左にある京菓子司「亀屋清永」さん
代表銘菓の「清涼歓喜団」は奈良時代遣唐使によって伝えられたという千年の歴史があるお菓子で
仏教と共に伝わったそうで、唐菓子(からくだもの)と呼ばれ
天台宗や真言宗など密教のお供えものとして使われていたそうです。
米粉と小麦粉でできた皮は金袋になぞられた面白い形をしていますが
中には餡が入りそれをゴマ油で揚げてあるだけの素朴なものでいかにも古のお菓子という感じです。
外側はとても固く、そのまま食べるにはやや困惑しますが
皮の下の部分を押し上げるようにして割って頂きます。
清浄歓喜団1
伝わってきた当初は栗や柿、木の実、カンゾウやアマヅラなどの薬草で
味付けをしていたそうで、小倉餡を入れるようになったのは江戸時代になってからだとか・・・
形状といい素朴さといい古代のお菓子を食べているという不思議な感覚が味わえます。
販売は1個(525円)~軽く焼いて食べると風味が増すそうで、ほんのりとするニッキの香り
本店さんの他には京都の高島屋、大丸、JR伊勢丹で購入可!

八坂神社周辺での高評価の宿柚子屋旅館
│posted at 17:06:42│
2012.05.20(日)

京都・匂い袋「いせき」

iseki2_20120520164752.jpg  iseki5_20120520164751.jpg
上賀茂神社の社家の1つである井関家は、安永年間の書物にも記録されているそうで
現在の建物はその頃から変わっていないそうで京都市有形文化財にも指定されています。
奥のお座敷には古くから伝わるものでしょうか、端午の節句の鎧兜などが飾れ
そのお隣の部屋に色とりどりの香袋がならんでいます。
iseki6.jpg  iseki3_20120520170830.jpg
門を入るとテッセンやカキツバタなど季節の花が満開でその中にも匂い袋が一緒に飾られていて
一見本物と見分けがつかないほどの形と色合いが見事です。
ちりめんを使い奥様が1本1本手作りされているそうです。
かわいいカキツバタの蕾を1つ買ってきました。
小さい芯の部分に香が詰められえいるそうで、ほんのりと良い香り・・・繊細な色の紫も素敵!
iseki1_20120520164753.jpg iseki3.jpg
上賀茂神社から社家が並ぶ明神川沿いを歩き、郵便局の斜め前辺りが井関家住宅です。


│posted at 17:18:09│
2012.05.19(土)

大阪土産・「面白い恋人」

面白い恋人
こんなお土産をもらいました!「面白い恋人」、初め見た時ちょっとウケた~(笑)
お菓子の名前といい袋といい北海道の有名なお土産に似てますが・・・
ネーミングは大阪らしいかも?結構売れているらしいです。
販売しているのは、かの有名な吉本興業の子会社さんだそうですが
物議を醸しているらしく「白い恋人」を販売する会社から訴訟をおこされているとか
ただ中身はクッキーではなくゴーフルで、食べてみると意外と美味しいー!!!
味は色と風味からしてナッツクリームかな?と思いきや、”みたらし味”なんだそうです。
面白い恋人1
京都でも売っているという話は聞いたのですが
まだ見かけたことはなく、売っていたら後日場所を載せておきます。




│posted at 20:28:08│
2012.05.15(火)

京都土産・創作八つ橋「ふじ」

fuzi4.jpg
毎月その季節のモチーフをテーマに京都駅B1「匠味」で限定販売されている
(最近新しくできた京都駅地下街ポルタの「京みやげ八ッ橋専門店」でも購入可)
聖護院八ッ橋本店さんの創作生八つ橋、5月は「ふじ」
写真ではあまり色が出ていないかもしれませんが
皮はほんのりと紫色をしています。
藤やつはし
表面には藤の花の焼印が押され、八つ橋で作ったとは思えない生菓子ですが
食べてみると皮の食感や餡とのバランスなど生八つ橋ならではの味わい!
淡い色合いを出すために皮が何層にも細工されています。
餡はこしあんと白あんの2種類
fuzi3.jpg
餡なしの創作八つ橋「かきつばた」も出ています。
しんこ菓子のようですがほんのりとニッキが香る生八つ橋
kakitubata.jpg


【京都】聖抹茶詰合


│posted at 18:01:03│
2012.05.09(水)

東京土産・にんべん「いろまめほへと」

ninben1
かつおぶしで有名な「にんべん」さん、創業は元禄12年(1699年)と
日本橋にお店を構えて300年以上もの歴史を持つ東京でも老舗といわれる所です。
コレド室町1階に入る本店では”一汁一飯”をテーマにした「日本橋だし場」を設け
汁物やかつぶしめしなどが用意されています。
削りたてのかつおぶしも揃っていますが、お土産用に面白いのが
フリーズドライ納豆!「いろまめほへと」
ninben2
抹茶、キシリトール、きな粉、苺、梅しそ、珈琲と6つの味があり
見た目、小さい五色豆のようですが・・・味はめちゃくちゃ納豆です(笑)
とはいうもののフリーズドライなので納豆独特の臭みやクセはなく食べやすく
小さい缶に全ての種類が入ったギフト缶は1個525円とお手頃
ちょっと珍しい東京土産にウケるかもしれません
因みに、個人的にはキシリトール味が普通に美味しかったかな~?
とにかく全ての味を食べてみてはじめて、なるほどねぇ~と納豆!じゃなくて納得!楽しめます♪
ninben3
納豆は体に良いということからか「ケンコーコム」さんでも扱っています。
いろまめほへと 味わいセット5g*14袋【あす楽対応】
にんべんnet倶楽部
│posted at 20:05:16│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。