スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.12.18(水)

京都土産・「伊藤久右衛門」京都駅前店

1_20131218185358c4c.jpg
宇治茶専門店「伊藤久右衛門」さんの京都駅前店が今年10月にオープンしています。
京都タワーの並びを西に少し歩いた辺りの松本旅館さんの1階
お茶の他に人気のスイーツ「抹茶大福」や「抹茶生チョコ」なども
宇治まで行かずここで買えるので便利になりました。
2_20131218185359b8d.jpg
季節限定の和菓子、宇治抹茶栗饅頭が出ていました。
中にピーナツの入った豆菓子「茶々豆」も抹茶の濃さが美味しい!
日持ちするのでお土産にも便利かも。もちろん宇治茶キットカットも売ってます。
3_20131218185401042.jpg
営業は朝10時~夕方18時と、少し早めに閉まるので、そこだけ注意(年中無休)

宇治茶 伊藤久右衛門
スポンサーサイト
│posted at 19:35:10│
2013.05.20(月)

京都土産・京阿月「双緑餅」

f1.jpg
先日5月15日に行われた葵祭
新緑の中を雅な行列が艶やかに過ぎて行きました。
御所車や装束に双葉葵の葉が飾られることが名前の由来で
江戸時代辺りからそう呼ばれるようになったみたいです。
f2.jpg
京阿月さんの「双緑餅」(ふたえもち)はそんな葵の葉をかたどった餅菓子
柔らか~い羽二重餅に抹茶がまぶしてあります。
甘さは控えめで所々中に入った小豆がアクセント!
かわいいハート型のお餅が2個入っています。
柔らかいのでケースのままの方が形が保てるかも?
とろとろした食感がわらび餅のようで美味しいです。
5月のお土産に特におすすめ♪1箱5袋入で735円
京都駅キューブB1「匠味」ではばら売りも可
お日保ちは約10日間とやや長めで便利。


│posted at 19:39:46│
2012.05.26(土)

京都土産・水田玉雲堂「唐板」

karaita.jpg
唐菓子(からくだもの)の「唐板」というお菓子だけを500年以上作り続ける
文明9年(1477年)創業の「水田玉雲堂」さん
明治維新までは皇室の御用達だったようで、暖簾にも”御用所”の文字! 
karaita1.jpg
元々このお菓子は平安時代に盛んであった御霊信仰の
御霊会(ごりょうえ)の御神前にお供えしたのが始まりだそうで
応仁の乱の時に途絶えたそうですがこちらの御先祖さんが再興され
神社境内の茶屋で出したのが始まりだそうです。
karaita2.jpg
小麦粉と砂糖、鶏卵だけのシンプルな材料で作られるこのお菓子は
唐板というだけありどことなく唐の雰囲気もありますが
品の良い甘さとパリパリとした独特の歯応えがなんとも心地良く
1枚1枚丁寧に焼かれ受け継がれている歴史が伝わってきます。
karaita3.jpg
袋入りは680円、化粧箱入1470円等もあります。
場所は地下鉄鞍馬口駅から徒歩5分程、上御霊神社鳥居前
(京都の高島屋さんでも購入可)
3ヶ月位はお日持ちするのでお土産にも向いています。

│posted at 17:11:48│
2012.05.25(金)

京都土産・亀屋清永「清浄歓喜団」

清浄歓喜団
祇園は八坂神社の西楼門を出ると斜め左にある京菓子司「亀屋清永」さん
代表銘菓の「清涼歓喜団」は奈良時代遣唐使によって伝えられたという千年の歴史があるお菓子で
仏教と共に伝わったそうで、唐菓子(からくだもの)と呼ばれ
天台宗や真言宗など密教のお供えものとして使われていたそうです。
米粉と小麦粉でできた皮は金袋になぞられた面白い形をしていますが
中には餡が入りそれをゴマ油で揚げてあるだけの素朴なものでいかにも古のお菓子という感じです。
外側はとても固く、そのまま食べるにはやや困惑しますが
皮の下の部分を押し上げるようにして割って頂きます。
清浄歓喜団1
伝わってきた当初は栗や柿、木の実、カンゾウやアマヅラなどの薬草で
味付けをしていたそうで、小倉餡を入れるようになったのは江戸時代になってからだとか・・・
形状といい素朴さといい古代のお菓子を食べているという不思議な感覚が味わえます。
販売は1個(525円)~軽く焼いて食べると風味が増すそうで、ほんのりとするニッキの香り
本店さんの他には京都の高島屋、大丸、JR伊勢丹で購入可!

八坂神社周辺での高評価の宿柚子屋旅館
│posted at 17:06:42│
2012.04.21(土)

京都・餅寅「おぼろ月」

tora0.jpg
地下鉄東山駅を降り三条通から柳並木が続く白川沿いを南方向へ少し歩くと
やがて川沿いにあるお饅頭屋「餅寅」さん
店舗の角に『明智光秀墳』と書かれた石碑が建ち
路地を入った所に光秀の塚があることから代々この首塚の管理をされ
店でも『光秀饅頭』が看板商品になっています。
江戸時代の書が残され小ぢんまりとしていますが歴史を感じるお店!
『光秀饅頭』はテレビ番組「今夜はヒストリー」本能寺の変で
紹介された事があるそうですが生菓子なのでおもたせには良いですが
お土産には日保ちのする「おぼろ月」がおすすめ!
プレーンなバームクーヘン生地と抹茶クーヘン生地の間に
餡の入った和風バームクーヘンで珍しくて以外な美味しさです。
tora6.jpg
因みに「餅寅」さんは近くの「白川庵」という旅館もされていて
京町屋を1棟借りることのできる面白いスタイルの宿泊施設
1泊朝食付きで2名~9名まで泊まれるそうで1棟1泊28000円~
京都の町屋を楽しみたい人に良さそう
平安神宮や知恩院などにも歩いて行ける便利な場所です。
tora8.jpg
白川沿いに建つ風情ある佇まい(朝食で餅寅さんのお赤飯やお餅などが楽しめます)
東山三条 白川庵
│posted at 01:10:15│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。