スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2015.01.17(土)

京都土産・季節限定「こたべ」

a-1_20150117150815beb.jpg
季節ごとに変わるパッケージがかわいい「おたべ」の小型版「こたべ」
おたべの約半分の大きさの一口サイズです。
5個入378円とやや割高ですが季節によって変わる貼箱がかわいく
味によっても図柄が異なり箱選びも楽しめます。
a-2_201501171508173dd.jpg a-3_201501171508187fa.jpg
現在販売しているのは雪笹模様のニッキ、梅模様の抹茶、つばき模様のショコラ
雪の結晶模様の黒豆、南天模様の栗きんとん(2月15日までの販売)
日持ちは約12日と長めなのでプチお土産にも最適。
a-4-1.jpg
秋には紫芋も出てました~春は桜餅風味と春こしあんの予定だとか・・・
食べた後も箱を使えて便利!(カードなどが入る丁度良い大きさ)
「おたべ」さんの直営店の他、京都駅「匠味」などでも販売。

★季節限「こたべ」★
スポンサーサイト
│posted at 16:01:11│
2014.10.20(月)

京都土産・「辻利生八つ橋」

1_20141020135417096.jpg
京都は宇治総本家「辻利」さんの抹茶を使った生八ッ橋「辻利」
抹茶生地の皮の中には宇治抹茶入りの白餡と
別炊きの北海道小豆を合わせたお抹茶餡が入っています。
餡の甘さは控えめで更に抹茶をふりかけて食べる新しいスタイルで
濃い抹茶感が楽しめます。
3_20141020135420a2d.jpg
2014年9月18日、祇園南座近くに新しくオープンした「辻利 京都店」にても購入可
京都駅新幹線コンコース内お土産売り場でもラスクや京ラングなどと一緒に販売してます。
8個入り540円とお値段もお手頃。

【数量限定】辻利 京茶ラスク 抹茶(5枚入)
│posted at 14:30:42│
2013.08.29(木)

京都土産・ポケット八つ橋

b-1_20130829082741ffd.jpg
おしゃぶり昆布の様なポケットタイプのかわいい箱に入った八つ橋。
味はプレーンのニッキと抹茶の2種類、1箱に2枚入が2袋入っています(各150円)。
ちょっとだけ食べたい時や、珍しさでプチお土産にもウケそう~
西尾八ッ橋さんの直営店や京都駅B1「匠味」でも販売されています。
中に入っているおまけの”祗園の人生指南、舞妓のおみくじ”も楽しい♪
b-5_20130829090422388.jpg

抹茶八ッ橋 詰合せ
│posted at 09:04:49│
2012.12.19(水)

京都・歌舞伎銘菓「夕霧」

s-DSCN9205.jpg
京都「南座」の向い側にかつてあったとされる「北座」
その辺り建っているのが井筒八ッ橋本店さん
五代目さんが芝居に因んだお菓子を考案したのがこの「夕霧」
廓文章という出し物の主人公夕霧太夫
夕霧の恋人が持つ編笠を模ったものだそうです。
s-DSCN9198.jpg
皮は生八ッ橋でできていますが中の餡は
小倉大納言で普通のタイプよりもしっかりとした大きな粒餡で
一言でいうと食べごたえのある生八ッ橋という感じ!
味はプレーンなニッキ味と柚子餡が入った2種類あります。
一番小さい箱入りで5個入り1050円とお値段もお手頃
s-DSCN9200.jpg
日持ちは約7日間

東海道おみやげ道中 by Kiosk
│posted at 23:16:24│
2012.08.20(月)

京都土産・聖護院八ッ橋「生八ッ橋黒糖詰合せ」

namayatuhasikokutou4.jpg
かわいい金魚のイラストに惹かれて買ってしまいました。
聖護院八ッ橋さんの「生八ッ橋黒糖詰め合わせ」夏季限定パッケージ!
中はプレーンのニッキ味生八ッ橋と黒糖味のセット
namayatuhasikokutou.jpg
パッケージをめくると裏には”春はあけぼの、夏はよる、秋は夕暮れ、冬はつとめて”
という清少納言「枕草子」の有名な1節が書かれています。
namayatuhaikokutou3.jpg
普通のニッキ味の方はさておき、黒糖味は想像するよりも以外と美味しい!
品の良い黒糖の甘さと香りが広がります。
餡が入っていないので賞味期限も約10日間とやや長め、1箱525円
少し冷やして食べても美味しい生八ッ橋です。
namayatuhasikokutou1.jpg
買いやすい場所としては京都駅地下ポルタの八ッ橋コーナーがおすすめ
4_20120717203734.jpg

【京都】聖護院 生八ツ橋530
│posted at 17:37:43│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。